硝煙消臭装置の設置

硝煙消臭

精穀事業の工場内において排出される空気をクリーンにする、消煙消臭システムを導入しています。これは、麦茶の焙煎加工の際に発生する独特のにおいを含んだ煙を、約800℃の高温で再度燃焼し、きれいな空気として屋外へ排出するものです。また2014年には新型の硝煙消臭装置を新たに4台設置しました、近隣住民の皆さまの暮らしの場に配慮した試みです。

太陽光発電設備の設置

太陽光発電

福玉グループでは2013年を機に太陽光発電システムを屋上に設置、2014年3月には村中営業所、御供所営業所両倉庫に導入、2015年3月に大口南工場建設、屋根は太陽光発電に適した設計にし設置されました。

これからも工場や倉庫の特色をいかし、電力の安全供給のためにも自然にやさしいエネルギー、太陽光発電に積極的に取り組んでいきます。

高効率蛍光灯・LED照明への転換

太陽光発電

福玉グループは2007年から、工場や倉庫照明を既設直管形器具や水銀灯から高効率照明器具に順次変換、電気使用量を大幅に削減しました。

2014年からは、LED照明を採用し取り組んでいます。

五条川・大山川の清掃活動

太陽光発電

地域とのふれあいを大切に、そして地域社会との共生を目指すため、従業員による社会参加を通じた地域貢献活動を企業活動の一つとして考えています。「五条川」や、小牧市の「大山川」などの河川の清掃活動は継続して実施。社員はもちろん家族も参加して積極的に取り組んでいます。本社をはじめ、事務所や倉庫など各施設のよりよい環境づくりのためにも、近隣住民の皆さまと協力し合いながら、これからも幅広い活動に努めていきます。

バイオ燃料の使用(BDF)

太陽光発電

当社では、2008年からフォークリフトやトラックの燃料を、株式会社レボインターナショナル製のバイオ燃料に切り替えています。

バイオディーゼル燃料とは、植物油にメタノールを加え化学反応(エステル交換反応)によってグリセリンを取り除いて燃料化したものです。 軽油の代替燃料として既存のディーゼルエンジンに使用できます。

使用済み天ぷら油(廃食用油)の引取

BDFの原料は使用済み天ぷら油です。当社では社員各家庭での使用済天ぷら油の回収も行なっています。 福玉グループ各営業所にお持ち頂ければ無料で回収させて頂きます。

使用済み天ぷら油の出し方

菜種油、大豆油、ゴマ油、コーン油、サラダ油など固形物を取り除き、油を冷ました後、ペットボトルや天ぷら油購入時の容器など中身が見える透明容器に入れてください。(ペットボトル等のキャップはしっかり締めラベルは、はずしてください。びん、缶、紙パックは使用しないでください。)

Copyright(c) 2015 FUKUTAMA. All Rights Reserved.